知らなかった!賃貸物件のインターネット対応と完備の違い

ブロードバンド物件には、対応と完備の2種類がある

現在では、インターネットが普及しているため、賃貸物件を探す際も、インターネットができる環境があるかどうかを条件にしている人も多いでしょう。そして賃貸情報には、インターネット対応や、インターネット完備といったことが記載されている場合がありますが、物件を探す際は、それぞれが具体的に何を意味しているのかを知っておく必要があります。

インターネット対応とはどんな意味なのか

まず、インターネット対応物件とは、賃貸の建物の共用部分までしか回線が引かれていないという場合を指します。ですのでインターネット回線を使用したい場合は、共用部分から自分の部屋まで回線を引く工事をしなければなりませんし、その工事の申し込みやプロバイダ契約も自分で行う必要があります。そのため、入居後に工事の申し込みをすると回線が使えるまでに時間がかかってしまうので、入居後すぐにインターネットを使用したい場合は、事前に工事やプロバイダへの申し込みを行っておくとよいでしょう。

インターネット完備とはどんな意味なのか

次に、インターネット完備物件とは、自分の部屋まで回線が引かれており、なおかつプロバイダ契約が済んでいる場合を指します。ですので、パソコンに接続することですぐにインターネットを使うことができる物件だと言えるでしょう。そのため、工事やプロバイダ契約の手間を省きたい場合や、入居後すぐにインターネットを使いたい場合に便利だと言えます。そして、賃貸情報にインターネット無料と記載されている場合も、インターネット完備とほぼ同じ意味になり、料金が家賃に含まれている形になります。

札幌市中央区桑園の賃貸物件は、生活利便性が高く札幌駅へのアクセスが良いことから人気のエリアな為、家賃相場はやや高めになっています。