マンションの購入はモデルルーム見学時が重要です

短期間で手放す状況は大きな損失

憧れのマイホームにマンションを選択する方は多いでしょう。しかしマンションは土地の権利が細分化されてることから、ほぼ建物だけの価値しかありません。そのため住宅の間取りや設備に問題があったとしても建て替えをすることはできませんし、改築をするにしても居住者の賛成を得る必要があります。そのため戸建てよりも部屋の状況を見ることが重要になります。不動産価格が少しずつ上昇しているとは言え、短期間での売却を余儀なくされると非常に大きな損失となります。

将来の人生設計と照らし合わせてみる

モデルルームを見る時には冷静さを忘れないようにしましょう。そもそもモデルルームは物件の広告であり、インテリアなどで物件の魅力を最大限に高めた状態です。素敵な部屋だと思っても、その部屋を作るのは購入者であるあなた自身なのです。

まずはその部屋で生活をすることを考え、生活導線に不合理な点が無いかを考えましょう。各々で荷物や家具の量は異なりますので、家具を入れた状態になると思いのほか通路のスペースが狭くなることがあります。また、今後新しい家族が増えるかもしれません。新しい家族が自分の子どもであるか親であるかはわかりませんが、同じ対応では済まされないと考えられます。将来の可能性をどれだけ考えられるかが部屋選びのポイントとなります。

ローンは焦らず好条件を引き出す

見学をしている段階で住宅ローンについても考えておきたいところです。金利が低くなるほど審査や条件が厳しくなるのは当たり前ですが、資金計画書をしっかりと作り込み、積極的に交渉すると意外と審査に通ることがあります。金利については経済の状況を考えて固定タイプを選ぶべきでしょう。

宇都宮のマンションは都心部に比べて大幅に安いです。さらに宇都宮から都心部は車なら通える距離なのでマンションを買うメリットは高いです。