経営者必見!店舗デザインをスムーズに進めていくコツ

コンセプトの明確化が最大のコツ

店舗デザインでまず決めるべきことは、お店自体のコンセプトです。お店のコンセプトが決まってしまえば、自動的に内装のタイプも決まってくるからです。自然な流れで最適なデザイン案をいくつも提出できるので、悩むことも少なくなります。逆に、コンセプトが決まらない状態では、内装の基本的な方針すら決めることができなくなります。業者に内装デザイン案を出してもらうときにも、まずお店のコンセプトについては聞かれますから、事前に明確な回答は用意しておきましょう。そもそもコンセプトが明確でないと売りをアピールすることも難しくなりますし、ターゲット層まであやふやになります。経営の基本なので、この点はしっかり考えておきたいですね。お店を将来的にどういったものにしていきたいかで、店舗デザインまでもが大きく変わるのです。

動きやすさや防犯性能もしっかりと考慮する

デザインに力を入れるあまりに、使いづらいお店になってはいけません。機能性という面にも注目をして、デザイン案は練っていく必要があります。顧客が利用しやすいということも大事ですが、スタッフが働きやすいという点も重要です。また、店舗デザインによっては防犯性能や防災性能が変わってくることもあります。掃除のしやすさに違いが生まれることもあるでしょう。それらの観点からデザイン案を再確認してみることも大事です。プロのデザイナーさんならそのあたりのこともきちんと考慮に入れて素晴らしいデザインを考えてくれますから、素人だけで考えないようにするのがコツです。

最近では内装工事を行っている業者の多くがインターネット上にホームページを開設しているので、それを参考にして依頼する業者を決めることができます。