リラクゼーションサロンの店舗デザインをしよう!

お客様がリラックスできる空間を

仕事や家事の疲れを癒したい人が利用するリラクゼーションサロン。多くのサロンではアロマの香りが漂い、リラックスミュージックが流れる落ち着いた空間になっています。リラクゼーションサロンには心身共に疲れたお客様が来店するので、臭いにおいがしたり騒々しいお店は決して流行りません。壁紙の色も派手過ぎず、提供する施術内容をイメージできるものにするのが良いでしょう。例えば、タイ古式マッサージのお店の場合は東南アジアのリゾートをイメージできるような色合い、ハワイのロミロミマッサージのお店の場合はハワイアンなイメージ、と言うようにお客様が受けるサービスをイメージしやすい壁紙にします。

ベッドと水道の位置などにも気を付ける

リラクゼーションサロンでは、施術内容によっては水道を使用する場合もあります。例えば、オイルやクリームのふき取りなどでおしぼりを使用するなど、どうしても蛇口をひねらなければならない瞬間があります。この時、水道の位置とベッドの位置が近いと、リラックスして眠っているお客様を起こしてしまうことになるかもしれません。できるだけ水道とベッドの位置は遠ざけて、余計な雑音をお客様に聞こえないように気を付けましょう。またサロンによってはスタッフルームで昼休憩を取ることもあります。この時スタッフの昼食の匂いがお客様に届いてしまったら、せっかくのリラックスムードが台無しになってしまうかもしれません。リラクゼーションサロンを利用するお客様は日常とは異なる空間を楽しみにしています。これらに配慮して、内装やベッドの配置を考えなければなりません。

店舗の内装は消費者の購買意欲を高めることができるため重要視されています。例えば、売上が上位の小売店は大量の商品を並べる圧縮陳列をしています。これにより買物が楽しいと思わせることができ売上を伸ばせます。