部屋の日当たりをチェック!

賃貸物件を探すときは図面や写真だけ見て決断せず、必ず現地まで見学に行くようにしましょう。特に部屋の日当たりをチェックすることは大事です。

間取図や写真を見ただけでは、実際の日当たり具合がわかりません。「南向き」と書かれていても、実際に見学に行くと目の前に大きな建物が建っていて、日が当たらないこともあります。日の当たらない物件だと洗濯物も乾きづらいですし、カビなども生えやすくなります。

賃貸物件の見学に行く際は、窓の大きさもチェックしてください。窓が小さいと日の当たる場所が狭くなります。

出来れば朝と昼、夕方など時間を変えて見学に出かけて、各時間帯の日当たり具合をチェックしておきましょう。

周辺環境の騒音をチェック!

賃貸物件を見学するときは、部屋の中だけでなく、周辺環境もチェックしておきましょう。賃貸物件を借りる時によく失敗談は、「周辺環境がうるさい」というものです。物件を見学したときは気づかなくても、実際に住んでみると周辺に工場や飲食店があって、毎日騒音に悩まされることもあります。

騒音や周辺環境の雰囲気は、インターネットの物件サイトを見ただけではわからないので、実際現地に出かけて自分の目でチェックする必要があります。昼は静かでも、夜になって騒音が発生する場合もあるので、出来れば時間を変えて見学に出かけてみましょう。電車や車、賑やかなお店の音がうるさくないか事前によくチェックしておけば、あとで後悔することも無くなります。

真冬の札幌の朝は、路面の雪はすごくて歩くのが大変な日もよくあるため、札幌の賃貸マンションに住むなら駅からの近さを最重要視する形がおすすめです。